実は自社で簡単に作れる!ランディングページを内製する方法

ランディングページが良いのはわかった。

でも、早く作りたい!

時間がないから制作会社に依頼するより、社内で内製したい!

お金をかけるのも嫌だ!!

 

という経営者の皆様へ。

 

お気持ちとてもよくわかります😊

 

 

制作会社にランディングページを依頼すると、
高そうだし、打ち合わせに時間がかかるし、

何かと面倒臭いですよね。

 

 

実は、ランディングページは自分でも作れます。

 

今日は、ランディングページの重要性に気づき、
社内でランディングページを作りたくなった経営者の皆様向けに、

社内やご自身で、
ランディングページを内製できるツールをご紹介します。

●ペライチ

https://peraichi.com/

 

 

おどろきの簡単さ、早さ、安心を提供 だれでもあっという間に ホームページが作れます。

 

ペライチはランディングページ制作ができるASPでは有名ですね。

 

 

 

●wix

https://ja.wix.com/

 

 

ある程度、ホームページを制作する機能は無料で使えることで有名なwix。

 

 

企業サイトを作ることもできますが、

さくさくっとランディングページを作る際にも便利だと、

定評があります。

 

たくさんのテンプレートがあり、
その中から、ランディングページに使えそうなテンプレートを選び、

書き換えていくと、ランディングページが仕上がります。

 

 

簡単そうですね😉

 

 

 

 

●colorful(カラフル)

LPテンプレートクリエイティブパック「Colorful(カラフル)」

 


 

最短3分でランディングページが作れるというのを売りに、

パズル感覚で簡単にランディングページが作れます。

また、順番の入れ替えや文字の打ち換えなども簡単です。

必要な基本の素材が入っているので、
思うようなランディングページを作ることができます。

 

 

また、このランディングページ制作ツール販売のページ自体が、
「集客のためのランディングページ」になっています。

 

そのため、
どういう事をどういう順番で伝えれば良いのかという、
参考にもなりますね。

 

 

 

 

ランディングページ、社内で内製する?それとも・・・?

ただ、やっぱり社内で内製するとなると、
それなりに時間はかかってしまいます。

あと、構成を考えるのが大変!

 

ランディングページでは、販売心理学を基にして、
「ターゲットに伝わるような順番で適切」に、

ビジュアルで伝える部分は画像で、
文字でしっかり伝える部分は文字で伝えていきます。

 

なかなか手間のかかる作業ですが、

毎日忙しい経営者のみなさんはそんな時間はありませんよね。

 

また、プロに任せ、
・どういう順番で
・どういう事を、
・どのように伝えるのか

をしっかりと一緒に考えてくれるような、

 

プロと一緒に考えて制作を依頼した方が、
集客につながりやすいです。

 

集客につながるランディングページを制作するためには、
どういう情報が必要なのか。

 

それを次回お伝えしますね。

 

もし売り上げを上げるための
ランディングページが必要であれば、

 

そんな時は、星野源に似ている林社長か、

このホームページのお問い合わせフォームよりご質問・ご相談くださいね。

 

 

Webで悩んでいるあなたからのご相談を、

社員一同、心よりお待ちしております。