経営者が知らないとやばい!売上UPに必須のランディングページとは


もしあなたが、売上UPしたいと思っているのに、
ランディングページを試していないとしたら、
損してしまうかもしれませんね。

 

ホームページを良くして、集客していきたいと思っても、
ホームページを作るのはお金もかかるし、時間もかかるし。

 

制作会社もどこがいいのかわからないし。
問い合わせがないわけではないけど、効果もよくわからない。

 

もっと、さくさくっと、ホームページを作れたらいいのになって思いますよね。

 

 

わかります。
F-standardでもそういうお悩みを良く伺います。
Webに関するお悩みを、F-standardではどんどん解決していきたいです

 

そんなあなたのお役に立てるような情報を、

これからもわかりやすく提供していきます(^ ^)

 

 

今日は「ランディングページ」を紹介します。

 

 

ランディングページとは

ランディングページとは、特定の商品やサービスを詳細に説明した、1ページだけのホームページです。

 

ターゲットに訴求し、特定の商品に焦点をあてて紹介することで、訴求力と集客効果が高いです。

 

また、1ページだけのホームページなので、企業サイトを作るよりは比較的安価にホームページを作ることができます。

ランディングページで、直接商品やサービスを売る場合もありますが、
高額商品や長く使ってもらえる商品の場合は、資料請求や、サンプル配布のために使われることも多いです。

 

ランディングページは、LPと省略されることも多いです。

 

 

文字で説明すると、堅苦しくなってしまいますね。

 

大丈夫ですか?嫌になっていませんか?

 

 

わかりやすく言い換えると、

一つの商品を、お客さんにわかりやすく説明した1ページだけのホームページということです。

少し、わかりやすくなりましたか?

 

 

ランディングページでの集客の流れ

ランディングページでの集客は、
リスティング広告(検索結果に表示される、1クリックごとに課金されるタイプの広告)
と併用することが多いです。

 

リスティング広告などWeb広告と併用することで、
この商品やサービスを知ってほしい特定のユーザにリーチし、
ランディングページに誘導することができます。

 

すでにSNSやホームページを運用している場合は、
そこからのリンクでの誘導も有効です。

 

 

商品が魅力的に伝わりやすいランディングページを作ったら、
たくさんの人に見てもらいましょう( ´ ▽ ` )ノ
ということですね。

 

 

ホームページとランディングページの違い

ランディングページは、
ホームページの一形態だと思ってください。

 

例えば企業ホームページでは企業のいろいろな情報を掲載します。
またネットショップでは、いろいろな商品を記載します。

 

一方ランディングページでは、特定の商品やサービスに最適化した情報を掲載することと、
ページを移動しなくて良いので、その情報に集中してもらえること、
企業ホームページなどよりページ数が少ないため、比較的安価に早くWebページを作ることができます。

 

 

 

ランディングページは特定の商品を売るのに特化したホームページ

特定の商品やサービスを、もっともっと売りたい方は、

ぜひランディングページをご検討くださいね。

 

 

さて、今回はランディングページについて、説明させていただきました。

これからも、Webに関することをわかりやすく伝えていきます(^ ^)

 

Webに関することは、誰に相談していいかわからないことも多いですよね。

そんな時は、星野源に似ている林社長か、

このホームページのお問い合わせフォームよりご質問・ご相談くださいね。

 

 

Webで悩んでいるあなたからのご相談を、

社員一同、心よりお待ちしております。

せのゆみこ

Webマーケティング/セキュリティ/マークアップ/Web保守・運用
 
Webエンジニア→Webコンサルタントとして自営業で活動したのち、WebマーケッターとしてF-standardに参加。3人子育て中のアクティブオカン。