2021年度申請のラストチャンス!【3月9日締切】小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>|F-standard BLOG

2021年度申請のラストチャンス!【3月9日締切】小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>|F-standard BLOG

2021年度申請のラストチャンス!【3月9日締切】小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>

何度もご紹介させていただいている「小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>」ですが、いよいよ令和2年度第3次補正予算で設定されている期限が最終を迎えます。

本補助金について詳しく知りたい方は、下記をご覧ください。

要は、小規模事業者(サービス業であれば5名以下、製造業等については20名以下の事業者)に対して、最大100万円の補助金が、3/4の補助率で、受けられる補助金となります。

非対面での販促活動が対象となっており、ホームページの制作や、集客の支援など、幅広い用途で利用できる補助金となります。

過去の採択率について

これまで第4回までの採択が公表されております。

過去の採択について、まとめさせていただきます。

回数 申請数 採択数 採択率(採択数/申請数)
1回目 7,827 3,512 44.9%
2回目 10,205 5,361 52.5%
3回目 8,056 5,022 62.3%
4回目 8,243 5,780 70.1%

平均すると、採択率は、57.3%程ですが、回を重ねるごとに、採択率が上がっております。

この第6回目の採択率がどの様になるのかは、過去急に採択率が落ちたケースもあるので、予想は難しいと思います。

ただ、本補助金を含む中小企業生産性革命推進事業の予算は昨年度よりも増えているが、申請は要件が厳しくなったことで減っていることから、予算的には消化したいというのが本音ではないかと思います。

最終回の第6回について

次回の第6回の申請は今年度の最終回となっております。

第6回の詳しい情報は下記となります。

申請受付締切日時 2022年 3月 9日(水)17時
採択案件の公表 確定しましたら、ご案内します
補助事業実施期間 交付決定日から2022年12月31日(土)まで
補助事業実績報告書提出期限(※) 2023年1月10日(火)

(※)上記実施期限までの間で、補助事業が完了(補助対象経費の支払いまで含みます)したときは、その日から起算して30日を経過した日、または上記「補助事業実績報告書提出期限」のいずれか早い日までに実施事業内容および経費内容を取りまとめ、提出しなければなりません。

採択日について

第6回の採択日については、確定次第、公表となっております。

ただ、下記に記載の表の通り、過去の採択の公表日を参考にすると、おおよそ2ヶ月ほどで公表となります。

回数 申請日 採択の公表日
1回目 2021年 5月12日(水)17時 2021年7月2日(金)
2回目 2021年 7月 7日(水)17時 2021年9月1日(水)
3回目 2021年 9月 8日(水)17時 2021年11月2日(火)
4回目 2021年11月10日(水)17時 2022年1月6日(木)

詳しく知りたい方へのセミナー開催のお知らせ

F-standardでは、小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>について、より詳しく説明させていただくセミナーを開催します。

詳細は下記となりますので、ぜひご参加くださいませ。

日時:2022年2月15日14時〜

場所:オンライン(zoom)

 

この記事の執筆者

F-standard正田

お気軽にお問い合わせください

制作に関するお問い合わせや、
現在運用中のホームページに関して聞きたい事など、お気軽にお問い合わせください。