ランディングページとユーザーの心理的変化の流れを恋愛風に解説してみた

ビジネス書ばかり読みすぎて、
脳みそが凝り固まってしまってる、

エススタンダードのWebマーケッター、ゆみねーさんです

 

 

やっぱりもっとyoutubeや漫画など、
柔らかいメディアにも接しないと、
面白みがない人になっちゃいますね。

 

なので今日は反省して、
ちょっと緩めに、

ランディングページの基本的な流れを、
恋愛ストーリーに例えて書いてみます_φ( ̄ー ̄ )

 

頭でっかち人間に、
そんなことができるのでしょうか?

 

 

ランディングページのユーザの心の動きを、恋愛ストーリーに例えてみた

悩んでた主人公に、
素敵な人が現れる
※たまたま、広告などでその商品のランディングページを見つける

⬇️

その人が悩みを解決していってくれて
どんどん惹かれていく。
※商品が悩みを解決していってくれそうだと思う

⬇️

この人は私の運命の人かもしれないと思い始める。
※この商品が欲しくなってくる

⬇️

でも、本当にこの人で良いのか悩む。
※買っていいのか、損しないか悩む

⬇️

この人じゃないといけない!!って思う事件が起こって
※おまけがついてたり。限定●名だったり。

⬇️

この人じゃないとダメだ!!と思う。

⬇️

告白する!

※この商品を買う

その結果はいかに?

 

太字が恋愛ストーリーに例える部分で、
「※」のあとが、ランディングページを読んだ人が思うことで、

今回は頑張って恋愛ストーリー風にしてみましたが・・・

 

 

わかりにくいですよ

 

え?
逆にわかりにくい?
優しい顔して、社長厳しいです😭

 

 

恋愛風に書こうとしたの、失敗しました😭

 

 

なので。

 

エフスタンダードのWebデザイナこーしさんに手伝ってもらって、

真面目な図解にしてみました。

 

こーしさん、ありがとうございました♪

 

どういたしまして♪

 

 

できた図解が、こんな感じ。

 

 

 

今回は特定の悩みを解決する商品を売っている場合の、
ランディングページと、
ユーザの心の動きを解説しました。

 

 

ランディングページでどういう風にユーザが感じるか。
不安を解決してあげられるか。
申し込みの障壁を少しでも減らしてあげて、解決に近づけてあげるか。

 

ユーザの気持ちをよく考えるのが、
顧客獲得の近道です。

 

 

 

目の前に、

ユーザの「切実な悩み」を解決できる商品があっても、

そのユーザの心が動かなければ、
購入して、解決できません。

 

そうすると、そのユーザは、
悶々と悩み続けることになります。

 

あなたの素晴らしい商品やサービスで、
1人でも多くの人の悩みや欲求を解決するために。

 

ぜひ、
ユーザの気持ちを考えて、
ランディングページを作ってあげてください😊

 

 

そして実は。
さらに良いコトにね。

ユーザの気持ちを考えたランディングページを作成することが、
社内のスタッフや、
経営者のあなたにも、とても良い影響をもらえるのです。

そんな話を次に書きます。

 

 

最後に。

林社長は、全く厳しいことを言わない、

優しい好青年です。本当に。本当です。

せのゆみこ

Webマーケティング/セキュリティ/マークアップ/Web保守・運用
 
Webエンジニア→Webコンサルタントとして自営業で活動したのち、WebマーケッターとしてF-standardに参加。3人子育て中のアクティブオカン。