会社名をGoogle検索した時にGoogleMAPと連動するといい事あるってお話|F-standard BLOG

会社名をGoogle検索した時にGoogleMAPと連動するといい事あるってお話|F-standard BLOG

会社名をGoogle検索した時にGoogleMAPと連動するといい事あるってお話


なんの事かというと、会社名を検索した時にPCだと右側に出てくる会社情報の事です。
※弊社の会社名「F-standard」で検索したらこんな検索結果が出てきます。

これは、Googleマイビジネスの登録情報が連動して表示されています。
「地図情報から自動的に表示されている場合」と、「自分達で編集して表示させている場合」の2種類ありますが、特に飲食店など、所在情報がはっきりしてほしい業態の場合は非常に重要な要素です。

今回はこのGoogleマイビジネスに正しい情報を入れるための必要性などを解説していきたいと思います。
※本エントリーはGoogleマイビジネスの設定方法などの方法を解説する内容は書いていません。不明点はお気軽にお問い合わせください。

 

Googleマイビジネスに登録する必要性

Google検索する時って
「Do(したい)・Know(知りたい)・Go(行きたい)・Buy(買いたい)」
の4つの検索意図に別れています。

今回のGoogleマイビジネスの場合は、「Know(知りたい)・Go(行きたい)」に該当するかと思います。
最近は、御社の情報を知るためにGoogle検索で会社情報を知ろうとするのは定番の流れで、

Googleマイビジネスに登録しておくと、例えばスマホで検索した場合こんな感じで

  • 直接電話をかけられる
  • オフィシャルのウェブサイトにすぐアクセスできる。
  • 予約をできる
  • GoogleMAPの経路案内を確認できる
  • 営業時間を知ることができる
    ※緊急事態宣言中は「違う場合があります」と注意書きが書いてました。

など、ダイレクトに知りたいことをホームページにいかなくても確認することができ、その会社やお店が実際に存在している実体感も検索結果から読み取ることができます。

 

自社のGoogleマイビジネスの編集権限を持っていますか?

このGoogleマイビジネスの情報は大きくわけて
(1)Google側が地図情報やホームページからある程度の情報を登録している
(2)Googleマイビジネスのビジネスオーナーが登録している
(3)外部のユーザーが情報提供として、Googleに情報を送っている
場合があり、情報がしっかり入っている場合は、基本的に(2)になります。
ようはその会社やお店のオーナーであれば、編集することが可能という事になります。

編集権限を取得するには
(1)Googleアカウント
(2)そのビジネスオーナーである事の証明
が必要になります。

(2)の証明方法は「電話番号からコードを発行」とか「Googleに証明書を郵送してもらう」などの方法があります。
※昔は電気料金の請求書をコピーして、郵送とかもあったと思うんですが、証明方法は常にアップデートされてるぽいですね。

ビジネスオーナーの証明ができれば、Googleアカウントにログインした状態で、Googleマイビジネスを編集する事ができます。
Google マイビジネス

 

すでに登録されていてもキチンと登録しましょう

このビジネス情報は前述した
(1)Google側が地図情報やホームページからある程度の情報を登録している
でも登録されていますが、例えば

  • 住所や電話番号が違う
  • 株式登録した社名に株式会社がついていない
  • ホームページのURLが登録されていない
  • よくわからない口コミが入ってる

など意図しない情報が入っている場合があります。
検索したユーザーに対して、適切な情報を提供する事によってユーザーにとってもGoogleにとっても有益な情報を提供する事になるので、実際のコーポレートサイトの評価にも間接的には繋がっていると考えられます。

 

このGooolgeマイビジネスの検索結果のSEO的なものもあります。

発展型の話になりますが、さっきまでの話が単純に「F-standard」などの社名検索の場合は同じ社名やサービスが無い限りは、御社の情報が出ることになりますが、もう一つ検索タイプで「制作会社 大阪」とかのパターンがあると思います。

この場合は、複数の検索結果があるので、検索順位が存在します。
※弊社も「制作会社 西天満」で検索すると、複数検索結果の中にはいっています。

この検索順位を上げるための最適化の施策がMEO(Map Engine Optimization)と呼ばれるものです。
こちらは、通常の検索結果の上位表示(SEO)と同じで、施策が色々あるので、まずは社名検索でGoogleマイビジネスの情報をキチンと表示させる事から始めましょう。

 

Googleマイビジネスについてまとめ

株式登記をする時に色んな情報を開示して申請しないといけないように、Googleマイビジネスに情報をキチンと登録することは、事業の透明性や信頼性をネット上でユーザーに伝える事が重要になります。
「嘘・大げさ・まぎらわしい」がはびこりやすいネット環境だけに、より企業は信頼性のある情報を開示する必要があると思います。

また、Googleマイビジネスの情報は、Googleのサイト検索にも影響が出る可能性があるので、社名検索をした時にGoogleマイビジネスの方の社名が検索結果に出てきたりして、見る人を混乱させる可能性があるので、間違いなくビジネスオーナーになるようにしましょう。

登録方法やその他Googleマイビジネスについてわからない事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

この記事の執筆者

藤阪 紘至

担当:Webデザイン/ディレクション/マークアップ/フロントエンド

人柄の良さと長身&ちょび髭を活かし、ターゲットに訴求するデザイン・マークアップ・コピーライティングを得意とする。人に教えることにも評価が高く、大学講師経験もあり、こうし講師と呼ばれていた。
Webデザイナ向け人気ブログ「WEB系キャンパス」を運営中
https://webkcampus.com/

お気軽にお問い合わせください

制作に関するお問い合わせや、
現在運用中のホームページに関して聞きたい事など、お気軽にお問い合わせください。